TAISHIの日記

実体験に基づいた記事を、色々と書いています。体験者の視点から、生の情報を発信するサイトです。

【全身脱毛経験者が語る】本当に優良な医療脱毛クリニックを見分けるコツ10選

こんにちは!

全身の医療脱毛真っ最中のタイシです。

私は今でこそ、本当に信頼できる優良なクリニックで医療脱毛を受けていますが、

そのような医療脱毛クリニックを見つけるのには大変、苦労しました。

今回は、そんな私自身の経験を踏まえて、本当に優良な医療脱毛クリニックを見つける10のコツをお話しします。

ぜひ参考にしてみてください。

1.  クリニックの中に日差しが当たらないかどうか

医療脱毛直後は、肌が非常に敏感になっています。

この時に日光(紫外線)を浴びてしまうと、脱毛した部位にホクロやシミ、または炎症が生じたりします。

このような点を考慮し、優良なクリニックでは、直射日光が院内へ差し込まないような配慮がなされています。

例えば、患者がいる空間には窓が無かったり、クリニックそのものが地下にあったりします。

逆に、悪質なクリニックはこの点を考慮していません。

日当たりが良いビルの角部屋にあるようなクリニックは要注意です。

2. 無料カウンセリング時に医師が質疑応答に答えてくれるかどうか

医療脱毛は法律で医療行為と定められているため、必ず契約前に医師による診察を受ける必要があります。

優良クリニックでは、無料カウンセリング時に医師が出てきて、あらゆる疑問や不安に親身になって答えてくれます。

また、脱毛のデメリットなどを含め、脱毛に適した肌質かどうかもチェックしてくれます。

場合によっては、「硬毛化のリスクを考慮すると、この部位は脱毛しない方が良い」などと医師から言われることもあります。

一方、悪質クリニックでは、無料カウンセリング時に医師が出てこないことがあり、ひたすらカウンセラーに契約を急かされることが多いです。

(←渋谷美容外科クリニックはこのパターンだった)

3. 無料カウンセリング時に契約を強制させる言動があるかどうか

2.と関連しますが、優良クリニックでは、決して契約の強制をしません。

『初回契約で〇〇%割引』を謳っているクリニックは優良・悪質問わずありますが、あくまで施術を受けるのは患者自身ですから、その決定においては患者の意思が100%尊重されねばなりません。

悪質クリニックでは、あの手この手で契約させようと誘導してきます。

知らぬ間に机の上に契約書が用意されていたりしたら要注意。

決して、署名などしてはいけません。(←ゴリラクリニックはこのパターンだった)

4. 無料カウンセリング以外でも、不明点は気軽に相談できる雰囲気かどうか

無料カウンセリングでは疑問に思わなくても、後日ふと心配になったり疑問に思うことがあったりします。

そういう時に、契約の有無に関わらず気軽に相談できるクリニックは、優良です。

5. 施術室は完全個室となっているかどうか

脱毛は患者がほぼ全裸の状態で行われることも多く、プライバシーの配慮は必須です。

優良クリニックでは言わずもがな、全室個室が当たり前。

逆に悪質クリニックでは経費削減のため、施術室は完全個室ではなくカーテンで仕切られているだけ、という場合が多いです。

6. 厚生労働省認可の熱破壊式脱毛器で施術を行っているかどうか

医療脱毛は、使用するレーザー機器によって脱毛効果が大きく変わってきます。

脱毛に使われるレーザー機器には熱破壊式と蓄熱式の2つがありますが、効果や衛生面などから、優良クリニックでは熱破壊式のレーザー機器のみが使われています。

一般に脱毛効果が高いのは、米国キャンデラ社製レーザー機器『ジェントル』シリーズです。

これは日本の厚生労働省に正式に認可を受けた医療脱毛機で、熱破壊式のものです。

この『ジェントルシリーズ』で脱毛が行われているか否かが、優良クリニックと悪質クリニックの1つの違いになります。

7. 脱毛料金が適正価格かどうか

日本では近年、脱毛クリニックが乱立しているため、脱毛にかかる費用は総じて安くなっています。

今後の傾向として、脱毛料金が下がることはあっても、上がることは考えにくいのが現状です。

しかし、安ければ良いというわけではなく、逆に高ければ良いというわけでもありません。

適正価格かどうかが重要です。

一般に6.で述べた『ジェントル』シリーズを使って全身(VIO含む)の医療脱毛をする場合、男性なら5回で35万〜45万円、女性なら15万~25万円が適正価格です。

剃毛料や麻酔代の影響で総額料金には幅が出ますが、大まかな相場を知っておくと、優良クリニックを見つけるのに役立ちます。

8. 在籍している医師が医学博士号を取得しているかどうか

クリニックに在籍している医師が医学博士号を取得しているかどうかは、非常に重要です。

医学博士号は医師の世界ではパスポートのようなものであり、これを取得して初めて人並みの医者となります。

医学博士号を持っていない医師が在籍している脱毛クリニックは、悪質なクリニックでは?と疑ってみましょう。

9. ニードル脱毛を行っているかどうか

医療脱毛は、完璧ではありません。

必ず脱毛しきれない毛が生じます。

しかしそれでも脱毛効果を限りなく高めるため、本気で医療脱毛にコミットしているクリニックでは、通常のレーザー脱毛に加えてニードル脱毛が行われています。

ニードル脱毛では、白髪も含めてあらゆる毛質の毛が脱毛可能です。

つまり、レーザー脱毛とニードル(針)脱毛、この2つを組み合わせることで、限り無く完全に無毛な状態にまで脱毛することが可能となります。

10. スタッフ全員、幸せそうに働いているかどうか

優良クリニックで働くスタッフにとって、働くことはお金を稼ぐ手段ではなく、生き甲斐となっています。

そのため、皆さんとても幸せそうに生き生きと仕事に励んでいます。

逆に悪質なクリニックで働くスタッフにとって、仕事はあくまでお金を稼ぐ手段。

そのため、皆さんとても事務的に、かつ機械的に働いています。

これは、無料カウンセリング時にスタッフをじっくり観察すれば、その違いに気づくと思います。

 

以上、本当に優良な医療脱毛クリニックを見分ける10のコツをお話ししました。

いかがでしたか?

脱毛はあくまで、自分自身が幸せになるために行う大切なライフイベントです。

後悔のない脱毛ができるよう、クリニックを選んでみてください。