TAISHIの日記

実体験に基づいた記事を、色々と書いています。体験者の視点から、生の情報を発信するサイトです。

イギリスのロンドンで利用したエスコートサービスで、ロシア人現役モデル美女に中出しした話。

こんにちは、タイシです。

今回は、イギリスのロンドンで遊んだロシア人美女との思い出を語ります。

ヨーロッパを中心に活躍している現役モデルの女の子だったのですが、

勢い余って中出ししてしまいました・・・

【前回までのあらすじ】

約2週間、イギリスのロンドンで1人旅を満喫したタイシ。

旅も終盤に差し掛かった頃、溜まった性欲を発散するためエスコートサービスを利用することにした。

人生初のエスコートサービス。

勝手もわからないまま電話予約したイギリス人美女を抱くも、騎乗位で射精する寸前でペニスを抜かれ、まさかの手コキで終了。

泣きながら宿泊先のホテルへ帰途に着いたのであった。

・・・

その翌日。

このままでは帰国できぬ。

リベンジを心に誓い、別のエスコートサービスでロシア人美女を予約した。

今回は、現地イギリス紳士のネット上の口コミを参考に、優良と思えるエスコートサービスのお店を選んだ。

 

女の子によって、得意なプレイなどが大まかに定められていた。

アダルトな英語はわかりにくいものも多かったが、ネットで調べて、なんとか理解しようとした。

例えば、こんな感じ↓だ。

CIF : Cum in face の略。いわゆる顔射可能。

COB:Com on body , breasts , boots いわゆる、身体とオッパイに射精できる。

CIM : Cum in mouth 口内射精可能。

A level +50 : 50ポンド余分に支払えば、アナルセックス可能。

DFK : Deep french kiss ディープキス可能。

FK : French kiss フレンチキス可能。

GFE : Girl friend experience いわゆる恋人プレイ可能。

OWO : Oral without フェラのみで挿入は無し。

Bi DUO : 男1人女2人の3P可能。

WS : Water sports いわゆる聖水プレイ可能。

・・・

自分の場合、通常のセックスができれば十分だった。

なので、金髪白人ブロンド美女で、そのお店で1番スタイルの良い女を選んだ。

身長178cm Dカップのロシア人現役モデルである。

自分が実際に抱いたロシア人現役モデル

彼女が住んでいる部屋は、パディントン駅(Paddington駅)から徒歩10分ほどの場所にある、高級分譲マンションの1室だった。

マンションの廊下は、めちゃくちゃ幅が狭かった。

途中でベビーカーを引いた親子とすれ違ったのだが、自分が壁に張り付くように身体を引いて、ようやくその親子が通過できるスペースを確保できた。

『こんな廊下が狭くて、よく住民は文句を言わないな』

そう思いながら歩いているうちに、所定の部屋へ着いた。

ベルを鳴らす。

自分「こんにちは。14時に予約を入れたタイシです」

ドアが開いた。

!?!?

プロフィール写真と全く同じだった。

というか、むしろ実物の方が美人でスタイルも良かった。

あまりの衝撃にしばらくその場で固まってしまった。

女「ちょっと!早く入って」

男「あぁ、ごめん」

拙い英語だが、コミュニケーションは取れていた。

英語を勉強した恩恵は、海外へ出てみないと受けられない。

女「こっちよ」

狭い廊下とは真逆に、部屋はかなり広かった。

どうやら3LDKのようだ。

彼女の部屋に案内され、ベッドに腰掛けた。

まじまじとこちらを見つめている彼女。

興味津々な笑みを少し浮かべながら、

女「いくつ?」

自分「27・・・いや、28かな」

女「本当?若く見えるわね」

自分「君はいくつ?」

女「24よ。あなたより若いわ」

自然に年齢を躊躇なく言ったところから判断すると、

どうやら本当に24らしい。

普段はヨーロッパを中心にモデルをやっているが、

期間限定でロンドンでエスコートの仕事を始めたという。

完全な素人娘だった。

東京から来た日本人だと言うと、食いつきが良くなった。

自分の経験上だが、ロシア人女は日本男児に弱い。

自分「1時間250ポンドだよね?」

女「そうよ」

お金を先に払ったが、彼女はベッドを動かない。

相変わらず興味津々にこちらを見つめていた。

自分「・・・えーっと・・・シャワー浴びる?」

女「このままでいいよ。何したい?」

こうしてプレーが始まった。

軽くキスして、服をお互いに脱がせる。

彼女の白いブラジャーを脱がし、おっぱいを揉みながらキス。

続いてパンツも脱がし、シックスナインへ。

粘膜同士の触れ合いはNGだと思ったんだが、彼女はお構い無しだった。

よほど素人で不慣れなのか、単なる好きモノなのか。

だがフェラ時には、コンドームを着用してきた。

しばらく彼女の美ボディを堪能した後、騎乗位で挿入。

上下に揺れる金髪ブロンド美女の裸体。

その光景を楽しみながら、入れたまま正常位へ。

ピストンを激しくすると、すぐ射精しそうになってしまった。

自分「まずい。出る」

女「んぁ」

自分「イック・・!!」

あれ?なんか感覚がいつもと違うぞ・・・

女「あっ!」

正常位で挿入中、コンドームが外れてしまったらしく、半分くらい中出ししてしまっていた。

とりあえずティッシュで拭いて、あたふた2人でシャワーへ。

女「いっぱい出たね笑」

自分「そう?ってか、水が冷たい笑」

そんなこんなで、

体を拭いて部屋へ戻ると、

女「あと30分くらいあるから、もう1回する?」

いやぁ、昨日の件もあるし、さすがにもう疲れ果てていた。

そのまま時間までベッドでおしゃべりしていると、同居している別の女が帰ってきた。

女「ちょっと待って。友達が帰ってきた」

しばらくベッドに1人でいる間、彼女の膣の感覚を思い出しながら、感慨にふけっていた。

女「いいわ。玄関へ行きましょう」

帰り際、彼女は少し不機嫌になった。

おそらくチップが欲しかったのだろう。

そんな態度を見て、あくまで自分は売春宿で遊んでいたことを再確認させられた。

昨日のイギリス人美女の時とは違う、むなしさが胸をよぎった。

『もっと英語を学んで、英語でナンパができるようになって、このレベルの美女を抱きたい』

そう思ったのであった。

 

 

 

【今週の英語学習の疑問点】時制に関する応用的な文法事項

今週の英語学習では不明点が多かった。

このブログでは、時制の文法事項に関する問題を2つ、考察する。

The mean-looking dog was staring at my fifty-dollar beefsteak and (would devour it / had just devoured it / was about to devour it / went to devour it / will devour it).

適切なものを選ぶ問題。

どれだかわかりますか?

・・・

・・・

正解は、was about devour it 。

went to devour itと悩んだが、この場合、中心は50ドルのビーフステーキなので、came to devour itとする必要がある。

goとcomeの意味の違いもわかっていないと正解できない難問。

When we arose the next morning, we discovered that the river rose another foot during the night, making the crossing impossible.

間違いを訂正する問題。

答えはthe river had risenとする必要がある。

これは単純な時制の問題だからいいとして、

最後のmaking the ~の部分がわからない。

分詞構文なのか?

要質問。

今回はここまで。

今週の英語学習の疑問点まとめ。riseとraise 、how muchの使い方

今週の英語学習中に生じた疑問点を2つまとめておく。

A lot of money has been invested in the rising of the sunken ship.

間違いを訂正する問題。

誤:rising

正:raising

riseはintransitive verbであるため、risingだと、沈没した船が勝手に浮き上がってくることになる。

沈没した(sunkenまたはsunk)船を外力をかけて引き上げるのだから、transitive verbのraiseを使い、

A lot of money has been invested in the raising of the sunken ship. とせねばならない。

意味は、『沈没船の引き上げ作業に多額の投資がなされてきた』

When I look back upon my life I  cannot but notice how much that vitally affected me has been due to circumstances ・・・

how much that のthatの先行詞が何かわからん。

much かhow muchか。

要質問。

※掲載英文はveritas英語 基礎科Level4で扱ったものです。

今週の英語学習で気になったことまとめ。二重否定のdeny 、see to it that SV構文について

こんにちは、ケンブリッジ英検CPE取得目指して英語学習中のタイシです。

今週の英語学習で気になっとことを2つまとめておきます。

She denies her child nothig.

Twitterでも呟いたこの英文の意味、わかりますか?

・・・

・・・

deny XYで、「XにYを与えない」という意味になります。

すると、直訳で『彼女は自分の子供にnothingを与えない』となります。

nothingを与えない(二重否定)

→肯定の意味になり、『なんでも与える』となります。

よって、英文の意味は『彼女は自分の子供になんでも与える』(甘やかしすぎ?)

という意味になります。

私はこの英文を初見で訳した時、『彼女は自分の子供に何も与えない』と訳してしまって、

派手に減点を喰らいました。

Gods see to it that the bad suffer and the good avoid disaster.

この英文の意味、わかりますか?

・・・

・・・

このseeは自動詞(=intransitive verb)で『注意する・取り計らう』という意味。

to の後ろにあるit は仮目的語で、直後のThat節の内容を受けています。

that節内が未来形ではなく現在形になっているのは、that節内の事柄が、必ずそうなる前提となっているからです。

that節内は、『悪人は苦しみ、善人は災難を逃れる』という意味。

つまり英文全体の意味は、

『神は、悪人は苦しみ善人は災難を免れるよう取り計らうものだ』となります。

 

今回はここまで。

また来週お会いしましょう。

では!

 

今週の英語学習で気になっとことまとめ。結果を表すTo 不定詞とか前方参照のthatやら

こんにちは、ケンブリッジ英検C2取得目指して英語学習中のタイシです。

今週の英語学習で気になったことを2つ、まとめておきます。

I wouldn't marry her, that I wouldn't.

この文の意味、わかりますか?

・・・

・・・

後半のThatってなんだよ?って話ですね。

これは前方参照のthatと呼ばれるもので、

直前のmarry herを指しています。

歴史的に、動詞の原形は「〜すること」を意味し、一方、

to +動詞の原形は、「〜することに向かう」と言う意味だったそうです。

なので、英文の訳は、

「私は彼女と結婚するつもりはなかった、そんなつもりはなかったのだ」となります。

He raised our expectations only (disappointing / to be disappointed / to disappoint / being disappointed)us.

正しいものを1つ選び、間違っているものはその理由を説明する問題です。

回答できますか?

・・・

・・・

to disappointが正しく、他は間違い。

なんですけど、disappointingでも良い気がしてます。

分詞構文と考えると、

He raised our expectations but he only disappointed us.

の後半部が消えて、only disappointing us になったのでは?

と、思えてくる・・・

1人ではこれ以上、悩みようがないので、塾の講師に質問するつもりです。

今週はこんな感じでした。

今週の英語学習で気になっとことまとめ。Should have 過去分詞で未来完了を表せちゃう云々。

こんにちはー!タイシです。

ケンブリッジ英検C2(CPE)とC1(CPA)合格目指して、日々英語学習中です。

2年計画なので、今年度はC1ですけどね!

今週の英語学習で気になったことが2つあったので、備忘録がてらまとめておきます。

(It / That / That Richard /  There) is believed to be a spy among us.

正しいものを1つ選ぶ。

なんだかわかりますか?

答えは・・・

・・・

・・・

Thereです!

It is believed that there is a spy among us.を書き換えると、

There is believed to be a spy among us.になるんだって。

この書き換えは初耳だった。

These clothes should have dried off by this time.

この英文の意味、わかりますか?

・・・

・・・

なんとこれ、should have 過去分詞で完了相を表してるんです。

へー!!って感じ。

「これらの服は、この時までには乾き切っているだろう」という、未来完了の意味になるんだって。

have 過去分詞で完了相、shouldで未来を表してると言うわけ。

 

独学じゃ、こんなこと永遠に知らないままだったに違いない。

塾に通い始めて正解でした。

先は長いので、短絡的に結果を求めることなく、地道に毎日勉強を続けていきます。

では!

【イギリス旅行】ロンドンのエスコートサービスを利用して、真昼からヨーロッパ美女を抱いてみた。(イギリス人編)

こんにちは、タイシです。

イギリスのロンドンへ1人旅して、現地で1週間が過ぎた頃、

性欲が溜まりムラムラしてきました。

とはいえ、イギリス美女をナンパできるような英語力は、当時の自分にはなかった。

テンガでも買うか?(←イギリスにはない)

食用オリーブオイルでオナニーでもするか?(←後片付けがめんどくさい)

そこで、エスコートサービスを利用することにしました。

イギリスでは、売春は合法

だが、日本のソープランドのように目立った店舗や看板は無い。

一般住民が住んでいるマンションの1室、あるいはフロア全体が売春宿となっている。

売春宿というと不衛生でブスな女が出てくる印象をお持ちの方がいるかもしれないが、

イギリスのロンドンの場合、そんなことは全くない。

ロンドンには、ヨーロッパ全土から若く魅力的な女性が、出稼ぎにやってくるのだ。

中には現役のモデルや芸能人もいる。(←短期勤務ですぐに辞めてしまう)

もちろん、プロのテクニシャンもいる。(←長期で働いている)

いずれにせよ彼女たちは高級分譲マンションに住んでおり、

売春はそこで行われる。

つまり、客の男性が、女が住んでいる自宅へ行ってサービスを受けるのだ。

生活感が溢れるヨーロッパ美女の自宅へ突撃してセックスするという、日本のAV顔負けの体験を楽しめる。

デメリットは料金が高いことだが、風俗遊びは金がかかるから、そこにケチをつけても仕方がない。

ロンドンでエスコートサービスを使ってみた

まずはネットで「London escort service」と検索。

いろいろなお店が出てくる。

女の子によってプレイできる内容が異なっていた。

下ネタの英語はよくわからなかったが、ノーマルプレイができれば十分なので、

適当に選んで、店舗に電話。

遊びたい女の子の名前と、プレイ時間を告げた。

すると、携帯のショートメールに住所が記載されたメッセージが届くので、指定された時間にそこへ行くことに。

場所はウェストミンスターにある高級住宅街

目的地へ着いたが、日本の吉原のような場所をイメージしていたので、拍子抜けしてしまった。

玄関前であたふたしていると、中から40代中盤とみられる熟女が出てきた。

自分「タイシです」

熟女「中へどうぞ」

自分「どうも」

熟女「どこからきたの?」

自分「東京、にほん」

熟女「そう。女の子はネイディア(Nadia)ね?」

自分「ナディア」

熟女「イギリス英語ではネイディアよ。その部屋へどうぞ」

案外、そっけない。

こっちは心臓バクバクだっつーのに。

どうやら地下1階全室が売春宿で、1階以上の場所には一般庶民が住んでいるようだった。

ロンドンのウェストミンスターWestminster)にある売春宿(2016年3月撮影)

プレイ開始

女の子はネットに掲載されていた写真と全く同じだった。

まじで同じすぎてびびった。

日本のように写真加工などは行なっていないようだ。

さすがイギリス、紳士の国である。

というか、日本のように少子高齢化が進行してないから、若い美女はいくらでもいるのか。

しかも、ロンドンといえばヨーロッパのみならずアメリカからもアクセス抜群である。

世界中の女を抱ける場所、それがロンドンだ。(←ただし金はかかる)

1時間250ポンドを女に支払い、プレイ開始。

部屋にシャワーはついていたが、浴びずにそのまま始まった。

身長165cmDカップ、ラテン系の褐色肌をした、長髪黒髪イギリス美女である。

キスは無し。

フェラはゴム付きだった。

日本から持参したコンドーム、0.01mm岡本ゼロワンを提案するも、拒否された。

ナディア「薄すぎるわ。絶対、破けるでしょ」

無理やりイギリス製のコンドームを装着された。

厚さ1mmはありそうな、キャップである笑。

フェラしてもらい、そのまま正常位で挿入。

射精寸前のところで抜かれて、手コキでフィニッシュ。

!?!?

最後、手!?

オリーブオイルを買うべきだったぁー!

お店があまり良くなかったようだ。

女のサービスも悪い。

終わると、シャワーも浴びずにさっさと退店し、懲りずにまた別の店を予約した。

続く